閉じる

デジタルマーケティング

デジタルマーケティング目次

ピーシーフェーズが提案するモバイルソリューションとは

スマートフォンが急激に普及した今日、企業におけるデジタルマーケティングは成長著しい分野となりました。
弊社では早くからモバイルクーポンに代表される、顧客会員組織化のO2Oマーケティングに取り組み実績を残して参りました。
多様化するデバイスやニーズの中で、トレンドを踏まえた視点とこれまでの実績で得たノウハウを生かしながら、モバイルで顧客行動に変化を起こすことを目標に、「人と人との関わり」を考えたマーケティングをご提案します。

デジタルが、1つのマーケティング手法となるよう、ビジネス貢献度を可視化させます

  • 事業戦略を踏まえたデジタルマーケティング戦略の立案、コンサルティングサポート
  • 会員化、来店促進、ロイヤルティ向上など目的別O2Oマーケティング
  • 顧客とメディアの関係性を深めるコンテンツマーケティング
  • お問合せシステムとの一括運用によるサービス改善とオペレーションコストの削減

コンサルティングサポート

  • 貴社事業における
    デジタルマーケティング戦略
    売上・認知向上・ブランディング・ファン化など目的別コンサルティング
  • オウンドをはじめとした
    トリプルメディア戦略
    メディアのRole/Goal定義
    目的達成のためのシナリオ策定
  • 施策実践・効果検証
    継続的アプローチ
    サービス・運用実践&検証
    効果最大化に向けたPDCA

トリプルメディア戦略

トリプルメディア戦略 右矢印 下矢印

来店数増加
新規顧客獲得
リピート増加
売上増加
ブランド認知
ロイヤルティ向上
サイトトラフィック上昇
エンゲージメント獲得
(共感・拡散)

※ ペイドメディア(広告メディア)… 企業が広告主となり広告枠を購入し商品やサービスなどを宣伝するメディア
オウンドメディア(自社メディア)… 企業がみずから提供元となり運用するメディア。コーポレートサイト、会員サービスや商品のWEBサイトなど
アーンドメディア(ソーシャルメディア)… インターネットユーザーが情報発信元となり、企業のサービスや個人の出来事を拡散することで認知・共有・共感を獲得し、エンゲージメント(絆)を構築するメディア

弊社の強み

コンサルティングからコールセンターまで、ワンストップソリューションを提供します

ユーザーや市場の変化が激しいデジタルマーケティングの世界では、課題は刻々と変化します。
ピーシーフェーズでは、これまで多くのお客様のモバイルマーケティングサービスを、コンサルティングからコールセンターまでワンストップで提供してまいりました。
サービスのフロントエンドを理解し、顧客の声を直に聴くことで、サービスの質を高めることが可能になります。
伴走型のサービスだからこそ、解決できる強みがあります。

  1. 50社を超えるO2O導入および運用実績
  2. ワンストップソリューション
  3. 最先端技術を採用した大手通信キャリア向け大規模システム開発実績

ワンストップソリューション

弊社の強み:運用編

50社を超えるデジタルマーケティング活動の運用支援実績

目標の共有で価値あるサイトへ

単純なサイト更新作業を提供するのではなく、サイトがどうなれば成功なのか?を意識して、制作を行います。

お客様のビジネスゴールを理解した運用チームが一丸となって、価値あるサイト制作を行います。

運用設計で安定運用・ミス0

正確&スピーディーに運用を回すための運用設計を行います。

作業の内容とボリュームに応じて体制・業務フロー・ツール等を整備し、最適なアプローチを策定、無駄のない効率的な体制を構築します。

PDCA型の改善運用

サイト上で実施した施策は、結果をもとに、常に効果測定を行います。

仮説を立て、検証・蓄積していくプロセスを絶えず実行していきます。

サイトの価値が向上していくような改善提案を積極的に行います。

専任チーム型運用でお客様をサポート

ユーザーインサイトの視点&WEBのユーザービリティーを考慮した専門チームが対応、お客様(クライアント)のWEBに関する業務を巻き取ります。

人材提供パートナー(5社)とのネットワークで、急なスタッフの補充にも柔軟に対応可能、 短期間でも業務を習得できる環境と体制を整備しています。

サイトの価値向上

WEB関連業務の負担軽減
意思決定者として、より戦略的な業務に専念

弊社の強み:開発編

大規模・高負荷システム開発を、ビジネスゴールの達成に向け、ヒアリングに始まり、要件定義、設計?テスト、保守/運用、改善の提案まで対応いたします。

弊社開発部門が対応する領域

弊社開発部門が対応する領域
ビジネスゴールのヒアリング/ご提案
経験豊富なプロジェクトマネージャーがビジネスゴールのヒアリングから参画ビジネスゴールを正確に理解し最適なシステムのご提案をいたします。
要件定義
経験豊富なアーキテクトやエンジニアが開発当初から参画することで最適なシステム構成を意識した機能要件/非機能要件をまとめます。
設計?テスト
品質計画に則り、フェーズごとに適切なレビューを行い不具合要因分析から水平・垂直展開により類似バグを撲滅します。
メトリクス管理による品質の可視化により高品質なソフトウェア開発を行います。
保守/運用
24時間365日の監視体制により常時システムを監視、最新のセキュリティ情報収集なども行い、常に問題のないシステム稼働を実現します。
改善/フィードバック
運用業務を通じてわかる情報から、ビジネスゴールに対するシステムの改善提案やフィードバックを実施ビジネスゴールに最適なシステムとなるよう継続的に提案活動を行います。