閉じる

新着情報

ピーシーフェーズの「Vmail」と パイプドビッツの「スパイラル(R)」が連携 ~ メール開封率最大2倍以上!「動画」×「メールマーケティング」で 訴求力アップを実現 ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年7月27日

Pressrelease

ピーシーフェーズ株式会社(東京都渋谷区、代表取締役 吉田 和弘、以下「ピーシーフェーズ」)と株式会社パイプドビッツ(東京都港区、代表取締役社長CEO 林 哲也、以下「パイプドビッツ」)は、埋め込み型動画メール作成ツール「Vmail」と情報資産プラットフォーム「スパイラル(R)」が、2017年7月25日より連携ソリューションの提供を開始したことをお知らせします。

本ソリューションにより、「スパイラル(R)」から動画付きのHTMLメール配信および、動画の閲覧状況に応じたメールマーケティングが可能となります。

■背景と目的

近年、SNSの普及により若者のメール離れが進むなか、今もなおメールマーケティングで成果を出し続けている企業は数多く存在しています。
一方的にメールを送るのではなく、配信結果を常に分析し、「誰にいつ何を送るべきか」を綿密に工夫することが、メールマーケティングを成功させる鍵となります。そのなかでも注目を集めているメールマーケティング手法が、メール上で動画が自動再生される「埋め込み型動画メール」です。
メールを開いたユーザーに新鮮な驚きと高い訴求力を与え、PV数や開封率、商品購入率アップの効果が得られます。

動画配信フロー
▲動画メール配信フロー

本ソリューションは、メールマーケティングに最適な動画メール作成ツール「Vmail」とセキュアなデータベースを軸にした多機能配信システム「スパイラル(R)」を連携することにより、「スパイラル(R)」からメール受信者の閲覧動向に合わせた最適な動画メールを配信することが可能となります。

(1) HTML知識がなくても「スパイラル(R)」から動画付きHTMLメールが配信可能

「Vmail」はあらゆるメール配信システムに対応しているため、「スパイラル(R)」からでも動画を埋め込んだHTMLメールを配信できます。HTML知識がない方でも、ソースを編集することなく簡単に動画付きHTMLメールを作成できます。

(2) 動画の閲覧有無によるアクションが可能に

動画の閲覧結果は「スパイラル(R)」のデータベースに自動で反映されるため、例えば商品に関する動画を閲覧した人を抽出して関連商品のお得情報やクーポンメールを送ることで、閲覧動向に応じたメールマーケティングが可能となります。

詳細については、パイプドビッツの知見やサービス、ソリューションなどを解説・紹介する「見テ知ル」サイトにて紹介しておりますので、ご覧ください。

▼お役立ち情報 見テ知ル
URL: https://www.pi-pe.co.jp/miteshiru/article/pb_20170725-1/

■「Vmail」とは

Vmailは、これまで難しかった「キャリアや端末ごとの受信環境の違い」に対応した「動画埋め込み型」メールを簡単に作成できる、メールマーケティング用クラウドサービスです。
提供開始以来、多数のクライアント様にご利用いただき、累計で約3,000万通の動画メールが配信されました。
あらゆるメール配信システムに対応しているため、いまご利用のシステムからすぐに配信が可能です。Vmailでは、今後も既存メール配信システムからの動画メール配信実績をお知らせしてまいります。
URL: https://vmail.tokyo/

■「スパイラル(R)」とは

「スパイラル(R)」は、官公庁、金融、サービス、教育機関など、幅広い業種・業態のお客様にご利用いただいている国内最大規模の情報資産プラットフォームです。
販売促進やCRMにおける顧客情報から、給与明細のような従業員情報まで、皆様からお預かりする様々な重要情報資産を安全なプラットフォームで管理しています。
URL: https://www.pi-pe.co.jp/spiral-series/spiral-suite/

■ピーシーフェーズ株式会社概要

ピーシーフェーズは、コンサルティングからコールセンターまで、デジタルマーケティング施策をワンストップで提供しています。
ユーザーや市場の変化が激しいデジタルマーケティングの世界では、課題は刻々と変化します。サービスのフロントエンドを理解し、顧客の声を直に聴くことで、サービスの質を高めることが可能になります。伴走型のサービスだからこそ、解決できる強みがあります。
『Vmail(ブイメール)』を皮切りに今後もクラウドサービス群を進化させ、企業のマーケティングをトータルソリューションで支援してまいります。

所在地 : 東京都渋谷区神宮前6-19-20 第15荒井ビル6F
代表者 : 代表取締役 吉田 和弘
資本金 : 98,000千円
事業内容: デジタルマーケティング、アプリ開発
URL   : https://www.pcp.co.jp/

■株式会社パイプドビッツ概要

官公庁、金融、サービス、教育機関など、幅広い業種・業態のお客様にご利用いただいている国内最大規模の情報資産プラットフォーム「スパイラル(R)」をはじめ、情報資産プラットフォームを活用したソリューションを提供しています。
「情報資産の銀行」というビジョンを掲げ、顧客情報や製品情報、会計情報など、現代社会で最も重要な資産のひとつである「情報資産」を、インターネットを通じてお客様から安心・安全な環境でお預かりし、有効活用していただくサービスを展開しています。

所在地  : 東京都港区赤坂2丁目9番11号 オリックス赤坂2丁目ビル
代表者  : 代表取締役社長CEO 林 哲也
資本金  : 506,937千円(2016年8月末現在)
事業内容 : 情報資産プラットフォーム事業、広告事業、ソリューション事業
URL    : https://www.pi-pe.co.jp/

※共同リリースのため、重複して配信される場合がございますが、予めご了承ください。
※記載された社名や製品名は各社の商標または登録商標です。
※内容は発表日現在のものです。予告なしに変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。